日本唯一の宇宙業界向け就職活動イベントの開催を2008年度も目指す団体のBLOGです。2008年11月29、30日国立青少年オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんなかんぢ!?2~を開催します
by utyuusyuukatu2008
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
宇宙業界の就活で英語は必要?①
宇宙就活2008のとがしです。




今日は少しマジメな英語の話をします。

さて、この英語ですが、よく就活生は就職活動には英語が必要だからTOEIC受けなきゃ!とか話題に上ります。


ここで、「えっ、TOEICってなに?おいしいの?」と言う人はあんまりいないので(笑)、宇宙業界での英語の必要性というのを、NASAでお手伝いさせてもらってる学生の立場で書かせてもらおうと思います。



結論から言うと「英語は出来た方がいいです」


これは、当たり前ですよね。出来ないよりは出来た方がいいに決まってる。
ロシア語や中国語もしゃべれたら尚更いい。そりゃ、出来るに越したことはない。

けど問題なのは就活で必要かどうかってのと、実際現場で必要かどうかのことなのでその2点に絞って話します。


①就活での英語
正直、これは宇宙業界だけに限らずどの業界にも言えますが、「TOEIC900持ってれば就活は安泰だ」とかは都市伝説だと思います。
帰国子女は全員ネイティブレベルに英語はしゃべれます。
まして、日本人で留学経験のない場合TOEIC900持ってても全然英語がしゃべれないというケースが山ほどある。。。(いわゆる受験英語、テクニックですね)
自慢じゃないですが、僕は英語は苦手です。

「またまた~、オーストラリアに留学して、アメリカに今いるくせに話せないわけないじゃん」って言うかもしれないけど、英語は苦手です。むしろアメリカに来て英語力落ちました(笑)

何が言いたいかっていうと結局テストの英語とコミュニケーションは違うということですね。
もちろん最低限の文法は必要だし、普通に海外に済んでる人間がTOEIC500点とかはあり得ないけど、TOEICって凄い癖があるからテクニックで実力+100点は取れちゃいます。
お隣の国の韓国は就職が日本の数倍厳しいらしいのでみんなかなりテクニックを学んでるし(友達談)

ということで、就活における英語は単なるオプションだと思う。というのが自分の考えです。
もちろん商社とかで英語の試験があるから悪しきされない為にTOEIC600くらいはあった方がいいと思うけど(せいぜい700あれば英語では落とされないでしょう)。
結局そんな些末なとこよりも『人物重視』だと思うので。

※人事の意見は知りませんよ(笑)
人事の意見は宇宙就活に来て聞いてください。



②宇宙開発の現場での英語の必要性

長くなったのでここから先は次回ということで。

コミュニケーション力とテスト英語の関係について次回書きます。


宇宙業界の就活に英語は必要か?②へ続く

PS.やる気がある日記を書く為には皆様のクリックが必要です。ブログランキングにご協力下さい。

※本記事は全て筆者の独断と偏見に依るものですので、実際の選考事情と異なる場合があります。





宇宙開発の就職活動に興味があるなら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-20 02:19 | 英語
<< 宇宙業界での就活に英語は必要か?② PMのつぶやき >>
ウィジェット