日本唯一の宇宙業界向け就職活動イベントの開催を2008年度も目指す団体のBLOGです。2008年11月29、30日国立青少年オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんなかんぢ!?2~を開催します
by utyuusyuukatu2008
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
宇宙開発の最先端のすみっこで宇宙開発を想う
宇宙就活2008のとがしです。


今日はちょっと前にmixiに書いたことをここにも書いてみます。
一大学生のちっぽけな悩みですが、どなたかコメントしてくれると嬉しいです。

-----------------------
なんかNASAっていうと小学生でも知ってる、なんか宇宙のことやってる怪しげな組織なわけだけど(普通の小学生がJAXAお知ってるわけない)、そこで生活してて思うこともあるわけです。


分相応にも英語もスキルも足りてないのに住むところ用意してもらってプロジェクトをちょこっとだけ手伝わせていただいてるわけなんだけど、どこからどこまでが宇宙開発の領域なんだろうなってのを最近よく思う。



前に誰かが言ってたけど、「NASAで働く掃除のおばちゃんだって宇宙開発を支える立派なメンバーだ」なわけで、本当にそれを実感するんだよね。

俺が滞在してるのはNASAロッジっていうホテルみたいなNASA滞在者用の宿泊施設なわけだけど、毎日ハウスキーパーのおばちゃん達が部屋に来るし、フロントのおばちゃんはNASAのTシャツ着ながらニコニコと話しかけてくるし、大量の芝生をひたすら刈ってるおっちゃん、門番の兄ちゃん(この人は軍人かも)、AMESの中の郵便局のお姉さん。。。

こういう人がいないと宇宙開発はやってけないわけで。
めっちゃ本質的じゃないことを言ってるのはわかるんだけど、『俺』がそういうことしてても、それなりに幸せな生き方を出来るんじゃないかなって思う訳なんだよね。
まぁ、NASAテレビ見てても胸が躍らなくなってる最近の俺じゃ、宇宙ラブとか言えないわけだけど、こっちに来てますます自分が宇宙に関わる必要があるのかを考えてしまう。

宇宙が他の技術産業に多大な波及効果をもたらすとか偉そうなこと言う一方で、他の産業ありきで宇宙なわけだし。なにより食うものに困った時(物質的にも国の経済的にも)に宇宙やる余裕があるのかっていうことになるわけだしね。(まぁ、今関わってるのが宇宙で太陽発電しようって計画だから実現すれば莫大な富にはなるんだけどさ)
自分の経験を生かして自分にしか出来ないことをしようなんておこがましい話で、誰か3人ぐらい連れてきたら自分のしたあらゆる分野の経験全てを簡単に凌駕しちゃうわけだし。
組織の中で自分の関わるプロジェクトがどのような位置づけにあり、何を目指してるのか、大局を見た上で他産業との関係性を見極めて巻き込んでくってのが出来ると面白いのだろうが。




宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-23 23:18 | 日常のできごと
<< 僕たちは進軍する、イギリスに、... 個 >>
ウィジェット