日本唯一の宇宙業界向け就職活動イベントの開催を2008年度も目指す団体のBLOGです。2008年11月29、30日国立青少年オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんなかんぢ!?2~を開催します
by utyuusyuukatu2008
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:IAC2008参加レポート( 5 )

iac2008参加レポ(4):3日目後編~宇宙機関長VS学生!?~
宇宙就活2008の、のーみ@ついに朝6時起きでなくなった、です。ここからなし崩し的にならぬよう注意せねば・・

さてというわけで参加レポ3日目=IAC初日後篇です。


◆◇◆◇◆◇GLASGOW3日目~宇宙機関長セッション~◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ちょっと以下の内容は専門用語が多々出てきますがご勘弁を。
わからない人はググってください(笑)

*注意!!以下の内容はのーみの中途半端英語力とあやふやな記憶+メモに基づくものです。
内容の正確さについては保障しかねます。

NASA のグリフィン長官

ESA のジャン‐ジャック・ドルダン長官

CSAの スティーヴ・マクリーン(Steve MacLean) 長官、
この人は元宇宙飛行士で最近就任したのをSPACE REFで読んだ。

我らがJAXA 立川 理事長!!

そして第二の宇宙大国ロシア!!アナトーリー・ペルミノフ長官

続いて最近の興隆著しいインド(ISRO)マドハバン・ナール長官

最後にもはやアジアNO1宇宙大国となりつつある中国!!
孫来燕局長
(異論もありそうだが、こういうのはやるかやらないかだと思う。あとでまた触れます)
   

まずは各国の宇宙機関長が各自の成果と今後の展望をプレゼンテーション

NASAはもちろん現在開発中のALESⅠ、ALESV、そして月と火星を目指していることをプレゼン。

ESAはスペースステーション(ISS)にコロンブスモジュールが無事取り付けられたこと、ジュールベルヌ(ATV)
が無事役目を果たしたことを。

JAXAはもちろんSELENEのことを(取材記事もHPにUPするんで見てくださいね)。
昨今制定された宇宙基本法についても触れていました。

引き続いてインド。唯一パワーポイントのスライドを用意していた。
プレゼンテーションの調子からもこの機会に世界にアピールしてやろうという意気込みを
感じます。

ここまで全部英語。立川理事長も原稿を読みながらですが英語でした。

続くロシア、中国はすべて自国語でしゃべり通訳の人を介して英語で発信していました。

こういった所を深読みしてしまうのは僕だけでしょうか?
IACは単なる学会ではなく、このあとにも宇宙機関長同士での会議も
行われる場です。お互いの駆け引きを感じます。

ロシアは淡々とISSに対するプログレスの貢献を。

淡々とした話しぶりに自信と貫禄を感じます。

中国も同様に有人宇宙活動を引き続きやっていくこと。
そして2010年後半には月に無人探査機を送るとともに、スペースステーションを自国で建設することを考えていること。

正確な内容のリンクを見つけました)

2025年には月の有人宇宙探査をやりたいと発表!!

NASA以外で未来のことまで詳細な計画を示したのは中国のことだけでした。
中国語で、堂々と、自己をアピールします。すごく勢いを感じます。

今回のIACにはロシア、中国、インドの宇宙機関からの派遣学生は来ていません。
各自さまざまな方法で、米国との違いをアピールしていたように感じました。

引き続きパネルディスカッション。コーディネーターは地元ジャーナリストの方。
結構鋭い質問をします。

以下印象深かったやり取りをいくつか

☆月か、火星か

Q:(NASAに向けて)
 「月、そして火星に行くのには莫大な労力、そして費用がかかります。
  米国はそれをどう担保しますか?」

A:(NASA)
 「世界各国と共同して、月そして火星(Moon and Mars)”を目指します。

"月か火星か(Moon or Mars)”ではありません。

 これはISSののちに来る素晴らしい国際協調プロジェクトです」

Q:(ESAに向けて)
 「ESAはいかがですか?」

A:(ESA)
 「我々も是非”月そして火星(Moon and Mars)”
 を目指したいですね。

 できれば


”自分たちの手で”(ESA独自の有人ロケットを持つという意味か?)」

Q:(NASAに向けて)
 「なるほど、では”月そして火星”に最初に降り立つのは一体
 
どこの国の宇宙飛行士でしょうか?」

A:(NASA)「まだ決まっていません。
ただそれは”さまざまな要素を考慮して決定されるでしょうね(ニヤリ)


☆2015年、そのあとに

Q:(NASAに向けて)
 「ISSは計画から20年以上たった今も建設が続いています。なのに2015年で本当にやめてしまうのですか?」

A:(NASA)
 「”完全にISSを破棄するというわけではありません。”月や火星を目指すにあたってISSは必要不可欠な
  設備となるでしょう。”2015年以後もISSは必要です。”」

等など、6割ぐらいしか分かりませんでしたが業界に詳しい人なら深読みがたくさんできるセリフが盛りだくさんでした。

まぁこういうところの会話ってどの程度信頼性があるんでしょうかね?

こんな感じでなかなかハラハラするプログラムでした。

引き続き今度はNASA,ESA,CSA、JAXAの派遣学生向けに宇宙機関長とのセッションがありました。

◆◇◆◇◆◇◆◇GLASGOW3日目~学生向け宇宙機関長セッション~◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 中国、ロシア、インドは宇宙教育グループ?に入っていないようで来ていませんでしたが
それ以外の国のTOPが目の前に座っています。

 というわけで早めに一番前の席に陣取りドキドキしながら待つ。

 今回のセッションは各国の学生が事前に用意しておいた質問に対して各国のTOPが回答していくという
ものでした。テーマもいろいろあったのですがどうやら今回は気候変動問題に対するもののようです。

ここでも面白かったやり取りをいくつか

Q:「学生の創造性を宇宙プロジェクトで生かすためにどうすればいいでしょうか?」

A:(NASA)
  「まずは”経験を積みなさい”。やっぱり経験に基づいたアイディアとそうでないアイディア
   は全然違う。経験に裏付けられての創造性だ。その上で積極的に自己をPRし、プロジェクトに
   貢献するよう努力しなさい」

A:(ESA)
  「”自分の考えをテーブルの上に出すことを恐れないことだ。”積極的に自分の考えを他人と
   ぶつけてみるといい。プロの技術者も思いつかないようなアイディアを我々は期待しているし
   君たちもいいフィードバックが得られるだろう。」
 
Q:「環境汚染の責任を特定するために十分な高解像度データを公開することについてどう思いますか」

A:(JAXA&ESA?)
  「”十分”かどうかは分からないが我々はデータを提供している。宇宙からのデータは気候変動問題を
   議論する上で大切だ。気候変動問題や環境汚染の原因が何なのかを議論することは、宇宙機関の直接の役割ではない。
   我々の役割は議論に必要なデータを確実に提供することだ。」

等など

 このあとは早速テクニカルセッション(学会)が始まりましたので各自の興味に基づきセッションへ。
僕はスモールサテライトのセッションを除きに行きました。


続きます♪ちと一日一日を詳しく書きすぎですかね?まぁ感じがわかって

”面倒くさくならない限りこのままでいきます(笑)”






宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif

[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-10 10:16 | IAC2008参加レポート
参加レポ(3)ようやく3日目&IAC開幕!!
宇宙就活2008の、のーみ@今夜は久々の夜更かしです。

ACから帰ってきてからというもの毎日ランニングを
しております。

同じIAC学生派遣生だった大学院生の方に影響されたんですが
いつまで続くことやら・・・・・・・・・・・ちなみに現状3日目(笑)

3日ぼうずだけは避けられたようです。
それではIAC参加レポ第4段に行ってみましょう

これもいつまで続くかな(笑)記憶が薄れないうちに終えるようにしましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇GLASGOW3日目◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 モーニングコールで目を覚ます。
7時台におきるなんて日本だとありえない生活(←ちょっと待てw)

 ホテルのバイキングにて朝食を食べる
目玉焼きもしくはスクランブルエッグ、ベーコン&ソーセージ、パン
ヨーグルトとフルーツ。しめはブラックコーヒー

 結局この献立が最後まで続くわけで・・・・・・
外人は毎日同じものを食べてて飽きないのだろうか??

 
 今日からいよいよIAC2008がスタートする。
OPENING CELEMONEYはかなり人気のようで席を取るのに苦労すると
いう話を聞いたので少し早めに会場へ。

 椅子についてしばらくまつ。自分は昨年度インドに派遣される予定だった
ので1年越しのIACとなる。インドはどんなところだったのだろうか?
すこし感慨深い。

 そうこうしているうちにOPENING CELEMONEYがスタート。

◆◇◆◇◇GLASGOW3日目~OPENING CELEMONEY~◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


いきなり組み体操?が始まる。
e0132998_130151.jpg


CSAの宇宙飛行士が司会を務める。
宇宙飛行士は人前でいかにふるまうかの訓練も受けていると聞く。(広報も大事な仕事)
やはり要所でユーモアを入れてきて笑いを取る、うまい。

SALLY SATELLITE(SSTL)の会長?のスピーチ。

e0132998_1125115.jpg


おお、スコットランドの民族衣装を生で来ている人を初めて見たのでちょっと感動する。
スカートをはくにあたりやっぱりすね毛の処理はされたのだろうか(オイ

そのあとも

歌あり

e0132998_125167.jpg


宇宙の映像を使った現代アートあり

e0132998_1252943.jpg


スコットランドの音楽披露あり

e0132998_130198.jpg

となかなか盛りだくさん。

そろそろ終わりかな?と思ったら
突然後ろからバグパイプの音が響いてくる!!

おおカッコイイ!!

e0132998_1262634.jpg



バグパイプの演奏とともにスコットランドの女性が踊り?を披露。


e0132998_1264942.jpg

男の人のかっこうは騎士みたいでかっこいいけど女の人のかっこうは
なんだか町娘みたい。時代背景的なものもあるのだろうか?

女の人は”娘”に見えなくもないけれど
近くで見ると結構”ガチムチ”でした。まぁそりゃね。

そのままCELEMONEYは終わり、今度はバグパイプの音にひき連れられて会場をひとまず
いったん後にする。

 外では地元ウイスキー企業がSCOTTLAND WHISKEYを振舞っていたので
昼間っからアルコールを摂取!!素晴らしい!!(何しに来たんだ・・)

 調子に乗ってバグパイプのおじさんと写真を撮ってもらう。

e0132998_1271545.jpg


いったんISZ(学生専用のゾーン)に荷物を置いて引き続き行われる
宇宙機関長セッションへ

続きます♪





宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-10 01:27 | IAC2008参加レポート
参加レポ(2):GLASGOW初日&二日目
宇宙就活2008の、のーみです。

 IAC参加レポ初日&2日目にようやくたどり着きました(笑)
まぁゆっくりご付き合いくださいな。

まず初日。IAC2008開催地であるGLASGOWに21時頃到着。
一部先に到着したメンバーはサッカー観戦に行った模様。

自分はあまりサッカーには詳しくはないがどうやら”セルティック”という
日本の中村俊輔が所属するチームがGLASGOWを本拠地にしているらしい。

道を歩いていると

「ナカムラ~」と声をよくかけられた(笑)やっぱり日本人ってわかるんだろうか。

ホテル到着後は富樫さん他数名を誘い現地の冒険に繰り出す。

空港からホテルまでバスできた際に

”結構治安悪そうな感じな街”
だという印象を受けていたのでグループで行動することに。

まぁ土曜日の夜だったしね。20時過ぎだとあいてる店はCLUBかPUBかBARがほとんど。

なんかごつい兄ちゃんとかが店の前にいるのを見て少しビビる・・がそのうち慣れる。

しかし慣れた頃には大体どのお店もしまっていた&CLUBに入ろうと思ったら
ドレスコードとしてスニーカーがダメだといわれて入れなかったorz.


結局ホテルのBARへ。

BARではさっそく現地人と話してみるが

「訛りがひどくて何を話しているのかさっぱり分からない。」

本当に訛りはひどくて、オーストラリアに一年近く滞在していた
富樫さんですら聞き取りができない。

身振り手振りでコミニケーションを取る。

とりあえず

「ナカムーラはアメイジングだ!!」

という結論に至りなぜかセルティックのキーホルダーをもらう(笑)


なんだかんだ23時には寝る。時差ぼけを防ぐには夜はちゃんと寝るのが一番。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2日目日はIAC2008は始っていませんが
世界各国から集められた学生専用!!のプログラム
用意されているので昼ごろに会場に向かいます

会場はホテルから歩いて30分、電車だと20分ぐらいの所でした。

(とはいっても学生なら誰でも参加できるようですが・・・
富樫さんとかいたし・・(笑))

 100人部屋ぐらいの部屋にESA,CSA,NASA、JAXAから派遣された
学生が詰まっています。

まずは各宇宙教育機関代表からWELCOME SPEACH


「ここに集められた人々は世界各国から
セレクションされて集っています。

あなたたちは次世代の宇宙開発のリーダーです。

ぜひここで世界中の人々と交流して自身の知見を広めてください」


なるお言葉を頂く。うーん、自分なんかがいてしまっていいものか・・・(汗)
とはいえ少し身が引き締まる思いを感ずる。

 同時に各国派遣学生の簡単な自己紹介。

だいたいの学生は

HELLO,I'm ////.I'm interested in ///(自分の専門)

という形で自己紹介をしていく。
英語ができない分こういうところで笑いを取ろうと思い

I'm interested in "All of You"!!

と言ってみたらちゃんと笑いがとれた。ちと調子に乗る。

引き続き世界各国の宇宙教育機関長のプレゼンテーション。

各宇宙教育機関の目標、戦略について話を伺う。

ESAの人の英語がスペイン?なまりが入っていてちょっと聞き取りずらい。

たとえばESAを「イーサ」って発音するんじゃなくて
「イーザ」
という感じ。

 思ったことは『やっぱりNASAは違うな』ということ。

宇宙教育を単に教育として取り扱うだけでなく、大学生、高校生、小中高生等
それぞれの段階でいかにアプローチし、最終的に宇宙業界へ取り組んでいくストーリーが見て取れた。
 
 それ以外の国の発表はどれも「宇宙を題材にして~~を教えます」程度でとどまり戦略が見えないものが多かった気がする。

教育機関ではなく、宇宙機関がやる以上それ相応の目標と戦略があってしかるべきだとは思う。社会貢献は大切だが。

プレゼンの後は質疑応答。

海外の学生の積極的な質問が目立つ。特にNASA、そしてInternational Space University(ISU)の学生は非常に積極的。

覚えている中で印象に残ったものをあげると

Q:「ESA,CSA,JAXA,NASA以外の宇宙機関とは連携しないのか?」

A:「実力がないところと組んでもお互いメリットがないからやってもしかたがありません」


うーん、慈善事業ではないのだから当たり前といえば当たり前ですね。
でもそこまで言い切ってしまうか!!と感じたのは日本人だからだろうか。

”日本学生がたった一人しか質問しなかったこと”も非常に印象に残った。
別に質問したからどうだってわけじゃないし、論文や研究ができればいいとは思うけど・・・
それ以前に僕も質問しなかったので何も言えませんがorz

大体15時ぐらいで解散。みんなでホテルへ帰る。
さっそく英語ができる人は交流を図っていたが
自分は英会話力がすごく落ちていることを実感。ちょっとショックを受ける。

 ホテルについたら明日JAXAの学生全体で行うプログラムの調整。
IAC会場には学生専用のゾーンとしてInternational Student Zone(ISZ)が設けられている。

 他の国は学生だけで作り上げるプログラムは用意していないようだったがJAXAは
・CUBESAT紹介
・CANSAT紹介(能代、ARLISS)
・学生団体紹介
・研究室紹介
・ミウラオリなど日本の折り紙?紹介
・日本の宇宙食を配る

等結構盛りだくさん。英語を話せる人が中心になってMTGや広報を計画していく。

自分は海外の学生に顔を売りたかったので”閉会挨拶”という無難な役割に志願してみた。

この作戦は成功し後々話しかけたときには結構覚えていてくれました☆

MTGの後はみんなでご飯を食べに行く。
20人近い学生が入れる場所がなかなか見つからず
結局グループに分かれてはいる。

自分たちはメキシコ料理店へ。
九州工業大学の教授と合流し、食事を楽しむ。

メキシコ料理?だからなのかはわからないが

一皿一皿がすごく小さい!!

そして


ボーイの対応がおそーい!!




仕事をやる気があるのかやつらは?

なによりムニエルを頼んだら

オレンジ味のサーモン


が出てきました・・・・こういう味覚はどうかと思うorz

こういったぐだぐだな感じでGLASGOW2日目の夜は更けていきましたとさ・・

続きます♪









宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-08 22:26 | IAC2008参加レポート
IAC2008参加レポート(1):IAC2008に至るまで~学生派遣プログラム~
宇宙就活2008の、のーみです。

 さてさてようやく学校も始まりイベントまであと1か月半というところですが
IACレポートを少しずつ書いていきたいと思います。

 そもそも自分はIAC2007へ派遣される予定でした。当時はインドのハイデラバードという
ところで開催される予定だったのですがテロで中止になっちゃんたんですねーorz

 今回私が参加したプログラムはJAXAの宇宙教育センターが主催する
IAC学生派遣プログラムです。

 参加の条件を応募要綱より抜粋すると

(1)平成20年9月27日現在、満20歳以上満30歳以下の日本国籍を有する大学生又は大学院生。(但し、本プログラムにより、第56回福岡大会を除くIAC大会に派遣された学生(経験者)は募集対象外。)
(2)本プログラムの派遣期間全日程参加可能であること。
(3)英語でのコミュニケーションが可能であること(英語で自分の研究内容を説明・報告ができ、   意思疎通が図れること)。
(4)IAC 2008で論文を発表することを予定しており、論文要約をIAC事務局に提出済みであること。 (IAC 2008の論文要約提出締め切りは平成20年3月11日(火)。)
   


特に(4)が今年から加わりました。

IACは結構お祭り的要素がふんだんにある学会だと個人的には思いますが
単に交流するだけじゃなく、何らかの成果を出すことが宇宙教育センターに
求められた結果(4)の条項が入ったそうです。

毎年3月頃に申込みが始まり
①志望動機
②参加後の宇宙教育への貢献
③現在の専門の概要(というか自己PR?)
 

の3点をそれぞれ400字程度
提出させられます。


 今年はかなり志望者が多かったようで、書類で足切りがあったのち
電話面接があります。


大まかな流れは


指定された日にいきなり携帯が鳴る

→JAXAから英語面接だといわれる

→あわてて外へ出る&電池残量を確認

→すこし確認の会話ののちいきなり英語で質問が始まり以下英会話スタート



って感じでした

 質問内容は


・志望動機

・書類から関連した質問
(自分の場合は学部3年なのに行く意味はあるのか?というものでした)

・宇宙教育を今後広めていくためにどうすればいいのか?


等などを英語で説明することが要求される。


全体で約15~20分ほどだったと記憶しています。


約一週間から2週間後にメールにて結果が通知。
晴れて合格!!となるわけです。

毎年参加者は工学、生物、宇宙工学、理学、文系(大体宇宙法か宇宙政策?)
など幅広い分野から取られているそうですから、専攻が宇宙じゃないからってビビらず
チャレンジするといいかもです。

むしろ宇宙工学の分野なんかはライバルが非常に多いであろうことが
予測されます。

となると何が決め手になったのかなーと、というか
なんで俺受かったの??ということを考えてみますと

”英語力”がやっぱり決め手だったんじゃないかなと。

これは僕より優秀であろう人が結構切られていることから推測しました。

あとは他人と違うことをアピールできたかですかね。

違いすぎても駄目っぽそうな気もしますが。

僕は申し込む当初から結構この2点は意識してました。
でもまぁ普通に大学生活をそれぞれ充実させてる人は差別化はできるでしょう。

問題の英語力ですがのーみの推測ですと参加メンバーのTOEIC平均点は大体
780~830
ぐらいかなと。

でも後述しますが
”英語はできたほうがいい!!
てかできないと超もったいない”

のでガンバって高得点を取っておくことをお勧めします。

まぁ必要なのは英会話のスキルなんですが、TOEICのスコアも英会話の基礎に
なりますしね。

あくまで私のーみの主観ですが来年度以降の志望者に(来年度以降あればの話ですがorz)
参考になればと思い書いてみました。

他にも
能代宇宙イベントやARLISSで1位になった方々は
派遣のチャンスがある


のでCANSATをやってる人はそっちの分野からチャレンジするのも
ありかと。今回も来てました。


合格後はIACまでの準備として宇宙教育センターの担当者からメールにて

・航空券の手配
・参加計画書の提出
・BIOSKETCH(英文の履歴書みたいなもの)
・International Student Zone にて行うJAXA広報プログラムのアイディアだし
・参加説明会の日程調整(今年は12日に相模原で行われました)

などなどが連絡されます。

イベント直前になるとNASAやESAの学生のBIOSKETCHがどんどん送られてきて

「すげーこの人頭良さそー」

という感じになってわくわくしながら過ごすのも一興。

続きます。



宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-07 23:15 | IAC2008参加レポート
我英国より帰還セリ:IAC2008参加レポ(0)
宇宙就活2008の、のーみ@一昨日ようやく帰国!!です。

iac2008へ派遣された日々がとうとう終わってしまいました。
あとはjaxaに参加報告書を提出して終わり・・・といきたいところですが
ここにも参加レポートを書きます!!


というわけで

ご期待くださいませ♪








宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-07 03:35 | IAC2008参加レポート
ウィジェット