日本唯一の宇宙業界向け就職活動イベントの開催を2008年度も目指す団体のBLOGです。2008年11月29、30日国立青少年オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんなかんぢ!?2~を開催します
by utyuusyuukatu2008
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日常のできごと( 6 )

mixi
宇宙就活2008の春木美鈴です。

こんばんは
001.gif広報担当の春木です。

みなさんはmixiやってますか??

私は最近やっと利用しはじめました!!

それもこの宇宙就活2008の告知をやろうかってことで始めたんですが(笑)

mixiておもしろいですね♪♪♪

今さらながらにはまってしました☆

小学校の時の友人を見つけたり、同じ宇宙好きのコミュニティがあったり。

あ、宇宙就活のコミュニティもあるので皆さん是非是非みてください!!
宇宙就活で検索すれば一発ですよ☆

こういう宇宙の輪がいろいろなところでおおきくなれば、きっと将来みんなでおおっきいことができそうですね003.gif



宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-10-03 00:50 | 日常のできごと
宇宙開発の最先端のすみっこで宇宙開発を想う
宇宙就活2008のとがしです。


今日はちょっと前にmixiに書いたことをここにも書いてみます。
一大学生のちっぽけな悩みですが、どなたかコメントしてくれると嬉しいです。

-----------------------
なんかNASAっていうと小学生でも知ってる、なんか宇宙のことやってる怪しげな組織なわけだけど(普通の小学生がJAXAお知ってるわけない)、そこで生活してて思うこともあるわけです。


分相応にも英語もスキルも足りてないのに住むところ用意してもらってプロジェクトをちょこっとだけ手伝わせていただいてるわけなんだけど、どこからどこまでが宇宙開発の領域なんだろうなってのを最近よく思う。



前に誰かが言ってたけど、「NASAで働く掃除のおばちゃんだって宇宙開発を支える立派なメンバーだ」なわけで、本当にそれを実感するんだよね。

俺が滞在してるのはNASAロッジっていうホテルみたいなNASA滞在者用の宿泊施設なわけだけど、毎日ハウスキーパーのおばちゃん達が部屋に来るし、フロントのおばちゃんはNASAのTシャツ着ながらニコニコと話しかけてくるし、大量の芝生をひたすら刈ってるおっちゃん、門番の兄ちゃん(この人は軍人かも)、AMESの中の郵便局のお姉さん。。。

こういう人がいないと宇宙開発はやってけないわけで。
めっちゃ本質的じゃないことを言ってるのはわかるんだけど、『俺』がそういうことしてても、それなりに幸せな生き方を出来るんじゃないかなって思う訳なんだよね。
まぁ、NASAテレビ見てても胸が躍らなくなってる最近の俺じゃ、宇宙ラブとか言えないわけだけど、こっちに来てますます自分が宇宙に関わる必要があるのかを考えてしまう。

宇宙が他の技術産業に多大な波及効果をもたらすとか偉そうなこと言う一方で、他の産業ありきで宇宙なわけだし。なにより食うものに困った時(物質的にも国の経済的にも)に宇宙やる余裕があるのかっていうことになるわけだしね。(まぁ、今関わってるのが宇宙で太陽発電しようって計画だから実現すれば莫大な富にはなるんだけどさ)
自分の経験を生かして自分にしか出来ないことをしようなんておこがましい話で、誰か3人ぐらい連れてきたら自分のしたあらゆる分野の経験全てを簡単に凌駕しちゃうわけだし。
組織の中で自分の関わるプロジェクトがどのような位置づけにあり、何を目指してるのか、大局を見た上で他産業との関係性を見極めて巻き込んでくってのが出来ると面白いのだろうが。




宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-23 23:18 | 日常のできごと
病気
宇宙就活2008の、のーみ@腹減ったです。

 何やら富樫さんがまじめな話を書いてるので、僕は基本ぷーたろーキャラで行きたいと
思います笑

 突然ですがパソコンがウイルスに感染しました
MS-ANTIVIRUSなるよくわからないソフトが立ち上がり

「おまぇのPCはウイルスに感染しているぅううこのソフトをインストールシロォオ!!」
と連呼しまくりしょっちゅう強制的に立ち上がってくると

 正直な話

「やっべー、これはマジでお金払っちゃっわないとまずいんじゃないですかねー???」

99$.99で3年間保証付きなら安いんじゃないかとすら思ってしまいました




実はこれ偽物ソフトなんですよねー


あやしいなぁと思ったらすかさず検索しようと改めて身にしみた今日この頃・・・・


皆さんも気をつけてくださいねー

いや別にそれだけなんですけどね^^

宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif

[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-20 17:58 | 日常のできごと
Keep moving forward(2)
宇宙就活2008のとがしです。


さて、昨日の続きです




まず、夢を見る。
そして見たその夢の実現のためには、失敗を失敗と思わない。

この大切さをウォルト・ディズニーは語り続けています。


この「ルイスと未来泥棒」でも、ルイスがちょっとした失敗をしたときに、彼の家族がみんなで歌って騒いで乾杯するシーンがある。


「Give a toast to great failure」
「素晴らしい失敗に乾杯!」



世の中は失敗の連続。
失敗があるから、その先に成功がある。そういうメッセージがこの映画に込められています。


また、作中で、悪役の山高帽の男が



「俺の人生は全ておまえのせいなんだ。おまえがいなければこんなことにならなかったんだ!」


と叫ぶシーンがある。これもまた一つのメッセージ。ルイスはこう答える。


「それは違う。おまえの人生は、全部おまえのせいなんだ」




これは、凄く大切なコトを言っていると思う。
自分たちの周りで起こっていることは、全部自分のせいだ。
もちろん良いことも悪いことも。。。



すべて自分が選んだ結果だ。



人生がうまくいかないと感じていても、素晴らしく満足した生き方をしていても。。。

人生は「積み重ね」だ。

時を重ねることで今がある。


どれだけ平和な時代に生まれようと、大戦争の世の中に生まれようと結局は自分の見方次第。
見方一つで心の持ちようは大きく変わる。
そしてなにより、そういうふうに考えられれば、人生はもっと楽になる。
なぜなら、自分が変わるだけでいいのだから。


今、この瞬間自分が変わるだけで全てのものごとがいい方向に変わる。



今、この瞬間に満足できている人はさらに良い方向へ。そうでない人は昨日とは違う自分に。
一番簡単なのは人が変わることでなく自分が変わること。




どう変わるか?は世の中にたくさんの方法論が転がっているので、自分に一番合う方法選ぶだけだ。
結局は気持ちの持ちよう。


常に学ぶ姿勢を持ち、変わろうと思っていれば、そこから先はそんなに難しいことじゃない。
ちょっと宗教っぽくも聞こえるけど、身の回りのたくさんのことが教えてくれるのに気づくだろう。
多くの人がおんなじことを言っている。




昨日の夢は、今日の希望であり、明日の現実である (ロバート・H・ゴダード)



宇宙開発も同じだと思います。
Keep moving forwardでい続けられるように気を付けたいですね。




宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-18 00:00 | 日常のできごと
Keep moving forward(1)
宇宙就活2008の冨樫です。


昨日DVDでディズニー映画「ルイスと未来泥棒」を見ました。
日本では去年クリスマス映画で公開されてましたね。

内容については、ネタバレになっちゃうのであまり話しませんが、作中で「Keep moving forward」という言葉が何度も出てきます。




この言葉が実はこの映画のテーマになっていて、じつはウォルト・ディズニーの座右の銘とも言える物です。





Keep moving forward!(前向きでいこう!)




ウォルト・ディズニーは、エジソンやフォードなどの名だたる成功者たちと同様に、とにかく前向きで、失敗を恐れずに前へ前へと突き進んだ人物です。
以前読んだディズニーの本で、とあるエピソードが紹介されています。





フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドが開園されたときのこと。
あるリポーターがウォルト・ディズニーの弟のロイにインタビューしたとき、こう言いました。


「ウォルトがまだ生きていて、この開園が見られればよかったのに。残念ですね」
ロイはすぐに答えた。


「ウォルトが最初に見たんですよ。そのおかげで、今あなたが見ているのです」




実はディズニー・ワールドが影も形もなかった数十年前、沼だらけだったフロリダでウォルト・ディズニーはディズニー・ワールドの姿を一人見ていました。

「この辺にはジェットコースターを、あの沼のあたりには観覧車が、そしてあちらの林には子供達が一休みできるカフェがあるといいな!」



「こんな沼だらけの場所に遊園地を作るなんて・・・」


周りの側近は誰一人としてウォルトの言うことが理解できず、いよいよ気が狂ったのかと思ったそうです。


当時遊園地は汚くてあまり整備もされず世間的にあまり人気のあるものではありませんでしたが、だからこそ、夢と希望にあふれる遊園地をウォルトは思い立ったようです。



ウォルト・ディズニーの生きているうちにディズニー・ワールドは完成しませんでしたが、1971年10月1日、無事に完成し、現在も多くの子供達に夢を与え続けています。




ウォルトは、何より夢を見ることの大切さを知っていました。
どんなことを成し遂げるにしても、まずきちんと夢を想像する力が大切なのだと。明確で具体的な夢を想像できなければ、その夢に向けた努力は続かず、けっきょくそれは達成できない。
自分のアニメーションのキャラクタたちを集めた遊園地をつくる、その一件馬鹿げた夢のおかげで世界中にディズニーのテーマパークがあります。


まず、夢を見る。
そして見たその夢の実現のためには、失敗を失敗と思わない。



ちょっと長くなったので次に続きます。


続く



宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-17 05:17 | 日常のできごと
こいつぁすげえぜ!!
 久しぶりの更新です(汗)宇宙就活2008PMのノーミです。

このご時世、WEBにしろ、ブログにしろ、情報発信って大事ですよね。

自分が発した情報こそが自分の存在証明であり、そうした行為をつづけていくことこそが
自分たちのブランドを作っていく

とまぁ

ちょっとカッコイイお話をどっかから仕入れてきたPM(笑)が
メンバーにお願いして作ってもらってるHPが

めっちゃ
かっこいい!!



というわけで皆様、

こうごきたい~

とHP担当者にプレッシャーをかけてみる(笑)




見本で唯一の学生団体発の宇宙業界に特化した就活イベント、宇宙就活2008
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-05-20 12:28 | 日常のできごと
ウィジェット