日本唯一の宇宙業界向け就職活動イベントの開催を2008年度も目指す団体のBLOGです。2008年11月29、30日国立青少年オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんなかんぢ!?2~を開催します
by utyuusyuukatu2008
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:夢 ( 4 ) タグの人気記事

宇宙就活2008 ~宇宙就活ってどんなかんぢ!?2~ ~ はじめに ~
宇宙業界に就職??
NASAとかそういうとこ??
いや、俺文系だし興味あるけど関係ないんだよね・・・
宇宙業界に興味あったけど、そういうのってロケットとかの勉強してる人だけが採用されるんでしょ?



ちょっと待ったぁ!!



実際の現状を知らずに諦めてしまっていいんですか?
当ブログでは宇宙業界に興味があるけれど情報がない学生、JAXAに就職したい!、宇宙に関わる仕事がしたい!


そういう学生の皆さんに役立つ生の情報を提供していきます。
そして11月29,30日、10;00~17;00国立オリンピックセンターにて宇宙就活2008~宇宙業界ってどんな感じ!?2~を開催します。


参加受付は

こちらから

【注目記事一覧】


宇宙業界に自分が関係ないと思ってる皆さんへ

宇宙業界に就職するのにやっぱり英語は必要?   

☆★☆★☆★出展企業人事・社員インタビュー☆★☆★☆★

宇宙航空研究開発機構(JAXA)(準備中)

有人宇宙システム株式会社(JAMSS) 人事インタビュー, OB訪問

宇宙技術開発(SED)人事インタビュー

SEDセレーネ担当社員

(SED)ISS-JEM担当社員


三菱電機特機システム株式会社(20日ごろUP予定)

株式会社ソラン

中央エンジニアリング

株式会社テクノソルバ

日本宇宙少年団

宇宙システム開発(20日ごろUP予定)

ソラン株式会社

株式会社リバネス(15日UP予定)

株式会社情報科学テクノシステム(20日ごろUP予定)


宇宙就活2008実行委員会では宇宙関連企業への取材をするスタッフ、一緒にイベントを盛り上げていきたい大学生、大学院生を募集しています。
興味のある方はsutyuusyuukatu2008sankauketukeあっとyahoogroups.jp(アットを@に変えてください)まで【宇宙就活2008実行委員会参加希望】という
タイトルで連絡をお願いします。


1日1回クリックお願いします

より多くの方にイベントを知っていただくために1クリックしてくださいね♪

宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2009-12-31 14:28 | はじまりはじまり~
宇宙就活2008のPMやっとります、のーみ@徹夜明けです。
 
 「世の中がどうなってようが、結局的には己自身に何ができるかだよ」 
と母に言われた言葉ですが、最近改めて実感しています。

 学生のくせにこんなことをやってたりしますと、いろんな社会人の人に
ご協力いただき、いろいろとお世話を焼いていただけりするものです。

 昨今はネットのおかげか学生のネットワークもひじょうに作りやすくなっています。
特に宇宙業界はいろいろイベントが多く全国にネットワークを持っている方が少なくないようです

 むしろ大学の外で僕なんかは学んだことのほうが多い気がするぐらいです。

そうするとなんか”俺ちょっとすごいんじゃね?”って気がしてきます。

僕も時々”よく知ってるね”的なことは言われるようになってきました。言われるとちょっと嬉しかったりもします(笑)

 でもそれは”世の中が”すごいんであって”自分”がすごいんじゃないんですよね。

 宇宙業界に限らず、どの業界もいいことも悪いこともいろいろあるみたいです。
自分の知り合いには今はやりの外資系金融業界からはたまたアニメ業界までいろいろいます。
  
 時々耳にするのは

「この業界は~~~という構造的な問題があって~~~というリスクがある、
だから個人の単価と物価がうんたらかんたら
だから報われるとか報われないとか・・」

みたいな”聞きかじった業界風裏?知識??です。

  こういう話に聞き耳立ててしまう自分もいますし、知らないよりは知っておいた方が
いいとは思います。ちょっと調子に乗って語っちゃうときもあります。

でも

「業界の話と個人、少なくとも俺ら学生の話は別次元やん?」

とも思います。

 たとえば、3K産業といわれるITのプログラミング系の人や、アニメの作画とかやってる人
宇宙業界にも少なからず厳しい現実ってのはあるみたいです。

 でも輝いてる人は、輝いてるし、やばい人はやばいって当たり前ですよね

結局のところ、俺自身に”何ができて、何ができないのか”すべてそこに行きつくんだと
思ってます。

 かっこいい人はかっこいいですからね

 もちろん、環境から影響を受けるのは事実だけどそれを踏まえた上でどうするのか?
そういう部分を大事にしたいなと思う今日この頃。


宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif

[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-21 07:04 | PMのつぶやき
Keep moving forward(2)
宇宙就活2008のとがしです。


さて、昨日の続きです




まず、夢を見る。
そして見たその夢の実現のためには、失敗を失敗と思わない。

この大切さをウォルト・ディズニーは語り続けています。


この「ルイスと未来泥棒」でも、ルイスがちょっとした失敗をしたときに、彼の家族がみんなで歌って騒いで乾杯するシーンがある。


「Give a toast to great failure」
「素晴らしい失敗に乾杯!」



世の中は失敗の連続。
失敗があるから、その先に成功がある。そういうメッセージがこの映画に込められています。


また、作中で、悪役の山高帽の男が



「俺の人生は全ておまえのせいなんだ。おまえがいなければこんなことにならなかったんだ!」


と叫ぶシーンがある。これもまた一つのメッセージ。ルイスはこう答える。


「それは違う。おまえの人生は、全部おまえのせいなんだ」




これは、凄く大切なコトを言っていると思う。
自分たちの周りで起こっていることは、全部自分のせいだ。
もちろん良いことも悪いことも。。。



すべて自分が選んだ結果だ。



人生がうまくいかないと感じていても、素晴らしく満足した生き方をしていても。。。

人生は「積み重ね」だ。

時を重ねることで今がある。


どれだけ平和な時代に生まれようと、大戦争の世の中に生まれようと結局は自分の見方次第。
見方一つで心の持ちようは大きく変わる。
そしてなにより、そういうふうに考えられれば、人生はもっと楽になる。
なぜなら、自分が変わるだけでいいのだから。


今、この瞬間自分が変わるだけで全てのものごとがいい方向に変わる。



今、この瞬間に満足できている人はさらに良い方向へ。そうでない人は昨日とは違う自分に。
一番簡単なのは人が変わることでなく自分が変わること。




どう変わるか?は世の中にたくさんの方法論が転がっているので、自分に一番合う方法選ぶだけだ。
結局は気持ちの持ちよう。


常に学ぶ姿勢を持ち、変わろうと思っていれば、そこから先はそんなに難しいことじゃない。
ちょっと宗教っぽくも聞こえるけど、身の回りのたくさんのことが教えてくれるのに気づくだろう。
多くの人がおんなじことを言っている。




昨日の夢は、今日の希望であり、明日の現実である (ロバート・H・ゴダード)



宇宙開発も同じだと思います。
Keep moving forwardでい続けられるように気を付けたいですね。




宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-18 00:00 | 日常のできごと
Keep moving forward(1)
宇宙就活2008の冨樫です。


昨日DVDでディズニー映画「ルイスと未来泥棒」を見ました。
日本では去年クリスマス映画で公開されてましたね。

内容については、ネタバレになっちゃうのであまり話しませんが、作中で「Keep moving forward」という言葉が何度も出てきます。




この言葉が実はこの映画のテーマになっていて、じつはウォルト・ディズニーの座右の銘とも言える物です。





Keep moving forward!(前向きでいこう!)




ウォルト・ディズニーは、エジソンやフォードなどの名だたる成功者たちと同様に、とにかく前向きで、失敗を恐れずに前へ前へと突き進んだ人物です。
以前読んだディズニーの本で、とあるエピソードが紹介されています。





フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドが開園されたときのこと。
あるリポーターがウォルト・ディズニーの弟のロイにインタビューしたとき、こう言いました。


「ウォルトがまだ生きていて、この開園が見られればよかったのに。残念ですね」
ロイはすぐに答えた。


「ウォルトが最初に見たんですよ。そのおかげで、今あなたが見ているのです」




実はディズニー・ワールドが影も形もなかった数十年前、沼だらけだったフロリダでウォルト・ディズニーはディズニー・ワールドの姿を一人見ていました。

「この辺にはジェットコースターを、あの沼のあたりには観覧車が、そしてあちらの林には子供達が一休みできるカフェがあるといいな!」



「こんな沼だらけの場所に遊園地を作るなんて・・・」


周りの側近は誰一人としてウォルトの言うことが理解できず、いよいよ気が狂ったのかと思ったそうです。


当時遊園地は汚くてあまり整備もされず世間的にあまり人気のあるものではありませんでしたが、だからこそ、夢と希望にあふれる遊園地をウォルトは思い立ったようです。



ウォルト・ディズニーの生きているうちにディズニー・ワールドは完成しませんでしたが、1971年10月1日、無事に完成し、現在も多くの子供達に夢を与え続けています。




ウォルトは、何より夢を見ることの大切さを知っていました。
どんなことを成し遂げるにしても、まずきちんと夢を想像する力が大切なのだと。明確で具体的な夢を想像できなければ、その夢に向けた努力は続かず、けっきょくそれは達成できない。
自分のアニメーションのキャラクタたちを集めた遊園地をつくる、その一件馬鹿げた夢のおかげで世界中にディズニーのテーマパークがあります。


まず、夢を見る。
そして見たその夢の実現のためには、失敗を失敗と思わない。



ちょっと長くなったので次に続きます。


続く



宇宙業界への就職活動なら宇宙就活2008


ブログランキングもご協力下さい。
人気ブログランキングへ

e0132998_022726.gif
[PR]

by utyuusyuukatu2008 | 2008-09-17 05:17 | 日常のできごと
ウィジェット